• ホーム
  • アレルギーの起こるメカニズム

アレルギーの起こるメカニズム

2019年07月29日
花粉

人間の体には免疫機能があります。
外部から体内に侵入するウイルスや細菌などから体を守るために備わっているシステムです。
正常に機能していることで風邪や感染症にかからないですんでいます。
そのような免疫機能が過剰に反応してしまうのがアレルギー反応です。
普通なら問題ないような物質を異物と判断して体外に排出するためにアレルギー反応を起こします。

同じ物質が体内に入ったり、皮膚に接触してもアレルギーが起こる人と起こらない人がいます。
その違いははっきりとわかっていません。
年齢や環境、体質、体調などによって変わってきます。
アレルギーは遺伝によって起こるわけではありません。
親子で違うものに反応する場合もあります。
アレルギー性鼻炎などは遺伝による要因が否定できない場合があります。
現在でもその因果関係は解明されていません。

同じ環境で同じ生活をおくっていても起こる人と起こらない人の違いがあるので、一概にアレルギーになりやすい環境や生活を断定することはできません。
そのほかの要素も関係して複雑な要因が重なって起こるようです。
特に食物については、好き嫌いとは別に、アレルギーを起こす人があります。
食べてみて初めてわかるため、重度で発見が遅れると大変なことになります。

突然発症するものとしてアナフィラキシーがあります。
急激に症状が悪化するために非常に危険な状態になります。
どのような食材が影響するのかは、実際に食べて反応をみなければわかりません。
量も影響の度合いも人それぞれ違います。

ただし、多くの人が反応しやすいアレルギー源もあります。
そのようなアレルギー源として花粉やダニ、ハウスダストなど考えられます。
これらのものはあまり接触しないようにすることで、反応を抑制することができます。
これらの原因は抗体の異常反応です。
通常ならそのまま処理されるものが異物として認識されます。
異物は排除が適当なため、アレルギーを引き起こします。

アレルギーを発症したらどうすればいいのか?

アレルギー反応を発症したら、対処法としては、まず気道の確保です。
咽頭に閉塞が見られるようなら注意が必要です。
苦しくなる前に医療機関を受診しましょう。
急激に反応が出るため急がないと対応が間に合わないこともあります。
そのため、苦しがっているなどの異常をできるだけ早めに気がつく必要があります。

そして、アレルギー反応があることがわかったら、原因となる物質を把握することです。
何を食べたはいけないのかは反応が出なければわかりません。
何を食べて、もしくは触って反応が出るのか明確にしておかないと、適切な対処法を探すことができなくなります。

アレルギーは、完治することが難しいとさてれいます。
薬を服用することで症状を緩和することができますが、また、食事を注意することで発症をしにくい状態にすることができますが、完治することはできません。
抑制することで対応するしかありません。
アレルギー反応に対する対処法として腸内環境の改善も期待することができます。
乳酸菌を摂取することで腸内の悪玉菌を減少させて、善玉菌を増やすことで腸内フローラの改善を行うことができます。
腸内の環境の乱れは、腸内環境が整っていないと免疫機能が低下して、いろいろなものまでアレルギー反応が反応することになります。

アレルギー反応は原因となるものを摂取しない限り発症することはありません。
原因tなるものがわかったら極力近づけないようにしましょう。
無理して摂取することで咽頭のアレルギーを起こして気道が詰まる恐れがあります。
繰り返し摂取することでなれるようなことはないので、無理して摂取する必要はないでしょう。
医療機関で原因を特定する年齢とともに解決することもあります。